私が子供に残せる事?

私が病気になった時
娘たちはまだまだ幼くて 自分達だけで生活できる状態ではなかった
すぐに、姑が娘たちの世話をしてくれた

こんな時のために 日頃から教えておかないと・・・そう言った

私が小学校5年の時 母が病気になった
父は船乗りで 一年中家には居ない
ふたつ上の姉と私が 家事をした(大体は、姉) 下に妹と弟がいる
作れるものは カレーと野菜炒めくらいなもの

母は入退院をくり返した・・・
私は嫌でもしなければならない家事が 本当に嫌だった
中学校からお弁当持ちだったのだけど、母には作ってもらえないので
自分で作った ワンパターンで皆に覗かれるのが恥しくて・・・
・・・卵焼きがうまく作れない・・・

高校卒業の頃 母は少し元気になり家事も出来るようになった
私は高校を卒業してから専門学校に進学・・・家を出た
特別 家事には困らなかった

三年後 妹と一緒に住むようになった時
妹がおかずを何でも上手に作ってくれるのにびっくりした
妹は家で特別手伝っていた訳ではない
母がやってくれるのを見ていただけ・・・
ご飯を作ってくれるのを 食べていただけなのに・・・

私はその時 はっきり確信した
お手伝いなんて、強要されてするものではない・・・嫌な気持ちをやしなう
美味しいものを食べていたら・・・ 美味しい物を作る事が出来る

やさしく 思いやりをもって接していたら・・・やさしさを覚える

そう・・・私が間違った生き方をしなければ
     私が正しく生きていれば・・・
     
     愛情を持って 当たり前の生活をする事

それが、私が子供達に残せる事なのではないだろうか?
[PR]
by maruse2 | 2005-12-19 01:01


<< パワーを有難う\(^0^)/ 気力パワー >>