<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ハーセプチン

2007年の決算 確定申告も何とか終了いたしまして・・・

昨日 予定していたハーセプチン第一回目を投与しました

主治医や看護師さんに 
「初めての投与の時は、高熱が出て ふるいが来る事ある」
と さんざん言われていたので 前日まで~ドキドキでした

まず 毎月のゾラテックスを打っていただき

いよいよハーセプチン~ハーセプチンは点滴です



そこで ハッと気が付きました

私は血管が細く 血液検査の時でさえ注射針が入らずに困っていたのに

点滴の針 それもハーセプチン投与のための針は少し太め・・・

そう簡単には血管が出てこない

まず 右手の甲にふたさし・・・・・失敗><

たたいたり~暖めたり~ 途中解熱剤の座薬を先に入れて・・・


結局 術側の左手の甲に 打つ事になり

約30分の悪戦苦闘が繰り広げられました

やっと 薬が身体に入ってき始めてから 

リンパ節のない左手で もし浮腫になったらどうしようかとか

いつ熱が上がってくるのかとか 心配しながらも うとうと眠り始めていました

何度となしに様子を見にきてくれる看護師さんに

検温 血圧を測ってもらいながら~90分で投与は終了しました

それからが いよいよ心配な時間であるらしく・・・絶えず様子を見にきてくれる看護師さん

最初は36.6度
「熱はないね~」
    いえいえ・・・普段は35.4度~35.8度の私
    36.6なら微熱です><;     そう思いつつ・・・言えず


次に36.9度
「少し 上がってきたね~」
   いつ ふるいがくるほど熱があがるんだろう
   しかし解熱剤を入れててもあがるんだろうか?
   それなら~あがったら どうするんだろう?・・・わからん


それから~6時間(解熱剤を入れてから)経ち・・・
「もう一度 解熱剤を入れといてね  熱が上がると困るから」
   熱は36.2度なんだけど・・・
    

しかし・・・病院では熱も上がらず
「85%の人は熱がでるんだけど~(でなくて)良かったね
 夜中にもし出たら いつでも電話してください
 先生と一緒に駆けつけるからね」
看護師さんは そう言って電話番号を書いたメモをくださいました

「夜中にもう一度解熱剤を入れてください」
先生はそうもおっしゃいました

お昼一番に病院に入り~午後9時過ぎに病院を出ました
(私がお世話になっている病院は入院設備はありません)


家に帰ってから 早めに布団に入り
夜中丁度解熱剤を入れる時間に目は覚ましたのですが
熱も出てなかったので解熱剤は入れませんでした

とうとう ありがたいことに高熱に苦しむ事もなく
ハーセプチン初日を終える事ができました

これから~週に一度 3週して1週休み・・・
しばらくハーセプチンの点滴針との戦いになりそうです


ちなみに昨日の治療費はまだ払っていませんが
5万円と少しくらいだろうとのことです


ご心配いただき 有難うございました
[PR]
by maruse2 | 2008-03-07 13:52