2005年 12月 09日 ( 1 )

生き甲斐

癌になったら・・・残り少ない人生 やりたい事一杯やって
           行きたい所へ行って遊ぶ・・・海外旅行もしたいし・・・
                                ・・・ずっとそう思っていました

    乳癌の手術の後・・・
    退院してから・・・
一番したいことは  普通の毎日  普通の時間   普通の生活でした

読売新聞の広告のページに 倉本 聰さんの

   人にあたえること
    人の役に立っている
   という意識こそが
    そも人間の生き甲斐なのでは
   あるまいか

       という記事がありました

私が退院後に感じた事 そのものでした

今、私は誰かの役に立つ事に 『生き甲斐』を感じています

だから 一生懸命がんばれます
[PR]
by maruse2 | 2005-12-09 22:35